チョコレート

なにか、その人の特別な日、、でもあったのか、
ジムのレッスンのあとに「チョコレートどうぞーー!」って全員に配っていまして。
私ももらったわけです。
運動したばあkりでチョコもないな、、って家に持ち帰ってきましたが、チョコレートか、、なんだったんだろう。
バレンタインでもあるまいし。

でもいただいたものはありがたく食べ、忘れる事にしました。

次のレッスンの時に聞いてみようおもってたんですが、忘れてしまい。
そしたらなんと、代行だった!!!

もしかして、やめちゃったのかな??

、、いえいえ、その次は来てました、でもやっぱり「どうしてチョコレートを配ったのか」は聞けず。
なんだかもうどうでもよくなってしまったのです。

なんだったんだろう、あのチョコレート。
もらったものを配ったのか、買ったものをわざわざ配ったのか。
いずれにしてもmなんだか嬉しそうだったから、良い事があったのだと思う。

ジムのインストラクターがチョコを配る、、、面白い。
でもいい習慣(じゃないけど)だ笑
こういうの、増えるといいな(!)。

声がでかい

個人的に、声が大きな人は苦手です。
もともと大きな人は、」控えめにしゃべってほしい。と思う。
さて、ところが、普段はそうでもないけど、電話になるとデカクはる人もいます。
これがね、、、うるさいの。
耳障りなのだ。
目でそれを伝えてもわからないから、機械を見つけて「声がでかい」というんだけど、
電話での会話って自分ではわからないんですよねー。

でもってこういうひとってだいたい
「大きくない!」
って、"大きな声"でいばる、、、逆切れするのだ。
おおきいっての。
おおきいから注意してるんだしーー。

電話の時に大きな弧ををだす、の意味が違う例として、
自分が主張したい事は大きな声になることはあります。
これは仕方ない、それに、本人も自覚してるはず。
注意の対象にはならない(するときもあるけど)。
とにかく電話って、今はスマホなこともあって、公共の場でしゃべっていると耳につきます。
だから「社内での会話はご遠慮ください」って、バスとか電車でアナウンスが流れるんだよね、、

小さなアナウンスだけど。。笑

お互い気を付けましょう。

尿検査

去年、沢尻エリカさんが薬物所持で逮捕されて、尿検査の事が書いてあったのですが、
病院で健康のために尿検査をするのと同じで、尿検査っていろいろなことが分かるんですねー。

病院であうる尿検査でわかることはなんなんでしょう。
時々、その尿に、血が混じっていることがあるます、これは暴行になにかある時とか、
感動にも関係しているので、すぐに病院で(すでに尿検査あしてるわけですがね)見てもらいましょう。

自分で、トイレで、尿に血が混じってるって分かる場合はすぐに病院はゆうまでもないのですが、
そうじゃなくて、何かの検診で「血が混じってますよ」と言われた場合は、その医者の指示に従って、
やっぱり医者に行くのです(!)。
何でも早期発見っですよーー!
肝臓がんなどの疑いもあるんですし。

さて、沢尻エリカさんの場合は、そういう検査ではなくて、薬物を使用してるかどうか見たわけですが、
タイホ時の件さでは陰性でした。
でも本人も「以前からやっている」と言っていたらしく、他の検査では養成、、、だったのかな、
¥結局は「所持」だけでも違法なのでつかまってしまったわけですが。
NHKでも大打撃だそうです。
そういうことがあるから、今って俳優さんとの契約も厳しくしていかないといけないのでしょうねー。
なんか残念だ、、、エリカさんには。

気が付けば。。。

海外で、テレビのドラマを見ていて「あれ?」って、きがつけば、それは日本の有名人だったりなんかして。
本木さんが出ていました。
イギリスのドラマですが、日英合作らしい。
ヤクザの話でした。
途中で寝ちゃったけど。
8回やるらしいです、、、しかし、、ヤクザかー。。

窪塚さんも出ていました。
申し訳ないけど、他あの人は知らない人でした。
皆、英語がうまい!
はじめから出来てる人もいるのでしょうけど、訓練もしたでしょうねー。

本木さんは、奥さんがネイティブなので、教わっているのかもしれません。
そういえば本木さんは家族でイギリスに移住してましたね、だからオファーしやすかったのか??

とにかく、日英合作のドラマがあって、気がついたらそこに本木さんが、、って話でした!
なんだか嬉しいです、知ってる顔が、海外のテレビで見れるなんて。

他にも気づくべき人がもっと出てきたらいいなー。
アメリカにばあkり進出しないで、イギリスとか、そういう他の国への進出も頑張ってほしいと思います。
だれに、、ではなく!

手数料

なにかを購入しようとすると、手数料というのが取られる。
そういうのは最初から入れてくれてその金額を提示したらいいのに、
安い金額で買わせておいて、最後の最後になって「手数料いくら加算」ってなるとガッカリする。

なんでもそうだ。

最初から組み込んでほしいけど、どうやら、クレジット・カードだといくら、
デビットカードだといくら、振り込みだといくら、、、となっていくようだ。
だから最初から出てこない、、、ということもあるみたいだけど、
それにしても最初から
クレジットカードは手数料何パーセント、またはいくら、、

などと書いてくれたらこんなイライラしないのに、と思う。

最後の最後になって出てくるからやっかいなのだ。
ちゃんと考えてくれ(笑)。
いや、考えてるからそうなっているのかも。うまいなー。
とにかく、その手数料は安い方がいいわkです、なのでいろいろとその安い方法を検索しちゃったりなんかして。
その時間の方がよほどもったいないと感じる。・。・・今日この頃です。

どうでしょうか?そう思う事はないですか?
私は思います。

気になる男性

異性として、ではないのですが、あの、小室圭さんの横にいつもいるアメリカ人、
彼が気になります。なにものなんだ?

アメリカで彼を出迎えた、背の高い年配の男性です。
あの人、だれ?

だれも気にならない?

そうか、、、(!)。。。

では話題を替えよう(!!!)。
いまや「ロイヤル・コメディ」とさえ言われている、小室問題。
どうなっていくのかも気になるけど、私は彼が嫌いではないんだなー。
堂々としてるし、マコさまとの連絡もとりあっているというし。
普通の男性なんだと思うのです。

ただ母親がなんていうyか、、、、、自分を「お母様」と呼ばせていたり、
かといってパート勤めの、特にお嬢様ってわけでもなく。

おそらく、相手がお金もちとか、ロイヤル・ファミリーだったことでヨロ婚dねいたのではないかな。
これで将来は安泰だなー、って??

お金があるわけではないけど、息子さんをインターナショナルに入れたり、
そういう世界観のなかで育てて、なかなかいい子に育った、
あとは逆玉にのったらいいのだ、、、って?

そこまで考えていたかは謎だけど、でも、男性を手玉にとって生きてきた感じはします。

お母様、にも、K君にも興味はないけど、近くにいるあの男性は気になる(まだいうか!)。

93歳でなお元気

イギリスのクイーン。エリザベス女王はますますお元気そうです。
93歳になるのにあの若さ。
食事も特殊らしいけど、血筋もあるかな。
お母様は100歳以上でしたしね。

実の妹さんは若くしてなくなりましたが、若いといっても30代だったわけでもなく。
長生きする家系なのでしょう。

いつも持ち歩く素敵なバッグにはメガネとか口紅が入れてあるんですって。
スマホはなさそうだね笑
他の人が持ってるのかもですが。

あまりお痩せになってなくて、ちゃんと食べるのも健康の秘訣ですね。
年齢いってから痩せるとみっともないし、もともと痩せてもいないし、太ってもいないですね。

確かジャガイモは食べないって記憶してます。
いイギリス人はジャガイモが大好きなのにクイーンは食べないんだな、笑。

息子さんのチャールズの時代は短そうですが、そういう意味でいえば、
長生きしたらその間はキングなわけです、、わからないですね、長いかも、
長生きの血筋が彼にも受け継がれていたら。

次はウイリアム王子です。
彼を次のキングに、って声が大きいですがどうなることやら。
そんなこと言う前に、クイーンが長生きしますからしばらくは大丈夫!


旗が・・・

外国のテレビニュースを見ていました。
そこの国を象徴するような建物の前で。
だいたいそうですね^^、例えば「今、ワシントンです」って時には、
ホワイトハウスが見える場所で、とか、「シドニーです」の時はオペラハウスが見えるところ、とか。

デモ見てしまった。
イギリスのロンドンの、テムズの前、国会議事堂の前からの話で、
その人は「今、国会議事堂前です」とは言わなかったけど、
でも背景はテムズと国会議事堂だった。
よーく見ると、テムズの河は流れてないし、国旗も風になびいてなかった。
つまり、「絵」なんだね。
そういうものに微笑みながらそのニュースを見ていました。
どこで撮影してるんだろ。。笑
旗の向きを少し気を付けて撮るか(写真だとして)、気を付けて書けば(絵だとして)よかったのに。
凪家内けど、風でなびいてちゃんとどこの国か見える、わかるようになってるのを
背景にしてしまったのが間違い、。
でもね、そんなこと視聴者は誰もが知っているし、そういうもの、ってことで毎回そこで撮影してるみたい。
ようするに雰囲気が伝わればいいんだよね。
ご苦労様です。

今後もそういうところを見てしまいそうだ。
後ろに木があったとして、その木が本物かどうか、とかも、つい見てしまう。
ニュースを見ろって怒られそうだ、、笑

キャップ

いろいろなビーズにつける「キャップ」と呼ばれるものがあって、
それをいろいろと見ています。
キャップによってビーズの雰囲気が変わるし、大きさもいろいろで苦労しています。
シルバーな色でも本当に様々ですねー、ビックリしますよ。
写真だけでは分かりにくいのでじっさいに見たいのですが、
そんな時間はないし、お店がなくなっている時代でしょ、
なんでもネットですもんねー。

まずこうやって選ぶところから始まって、次はビーズも選ばなきゃだし、
作って、人に気に入ってもらわないといけない。
あー難しい。

「ビーズ」というのも、もともとは私にとっての「ビーズ」ってのは
すごく小さな、プラスチックなもの、という感覚でした。
でも「ビーズ」ってのは丸いものを全部こう呼んでいて驚いた。
常識なのでしょうけども、知らなかったんです。
その「ビーズ」も、好みもありますがモダンなもの、アンティークもの、
石、などあってたーいへん!
バランスよく考えて作っていかなきゃいけないんですね~。

今はまだキャップの段階ですが、、、汗
とにかく頑張っています、完成したら褒めてくださーい。
自分で自分は褒めますよ、相当頑張っていますからー。

花粉

一年中飛び回ってるとしかいいようのない花粉、、、ですが、皆さんどうですか?
私にとってはシーズンなどなく、一年中ずっとアレルギーで鼻がすごいです。
それでも車で移動するようになってから改善はされているかな。
1日外に出てるとものすごい事になりますよ。

今年は花粉がすごいと、あ少ないとか、これからシーズンだ、とか、
まったく関係ない勢いで、そういう情報はさっぱりあてにしてません。
それでも知り合いはニュースなど見ては教えてくれます。
関係ないんだよーー。私にはーー。

ポケットには常にティッシュ、鼻は赤いし、口紅もつけられません、
つけないからいいけどね。

そもそも自分のアレルギーが何なのか医者も検査してくれないし。
外に出るとひどくなるから、外の何かであることだけは確かです。
草木、でしょうね。特にスギなのかどうかも分かってない。
とにかくこんなのは嫌だと想いながらも何ねんモ来てるので。
アレルギーになってしまったら一生つきまとうのだ、と、覚悟はしてるけど、
それでももし少しでも楽になれるのなら、と、車の移動よ。
なんてお金がかかるのだ。

世界中にアレルギーで苦しんでいる人がいるので、それが救いです。
皆で乗り切りましょう!(乗り切るったって・・・ですが笑)

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

  • Google
  • ・准看護師の求人先探しに役に立つ!准看護師の求人の総合サイトはコンテンツの内容◎です。准看護師の求人に関する有益な情報が得られます。
  • ・医師である限り避けて通れないのが医局問題。医局に居続けることに抵抗が無ければ問題ないですが、もしそうでないのであれば「医局を辞めたい医師向けのサイト」が参考になるかもしれません。